ブートブラック アーティストパレット レビュー

コロンブスの展開している、上級シューケア用品シリーズである「ブートブラック」シリーズ。
このブートブラックシリーズより発売されているのが、ブートブラックシュークリームです。ブートブラックが展開している3種類の靴クリームを展開しています。

  1. ブートブラックシュークリーム
  2. ブートブラック コレクションズシュークリーム
  3. ブートブラック アーティストパレット

今回はそのひとつであるアーティストパレットを紹介します。

ブートブラック アーティストパレットの特徴

こちらは油性クリームとなっています。つまりクレムと同じです。
こちらの主成分は油と蝋です。水は一切入っていません。
リッチモイスチャークリームと同じアルガンオイルが入っているため、抗酸化作用と保革効果にも期待が出来ます。なお、他のクリームにも入っているシアバターにも抗酸化作用があるそうですが、アルガンオイルと比べるとその効果は劣るそうです。

この3角形のおしゃれなビンが目印!

さて、このクリームの特徴は油性クリームのため、革の状態を維持するというより、被膜をしっかり施すことで光沢を与え、見栄えを良くする役割を果たします。また油ですから水を弾く効果もあります。ただし、保革には向いていない為、そこを補うようにアルガンオイルが入っているということです。

使用方法:毛穴を拡げる為の水分がないため、ポリッシュをするときのように水を少量つけながら、革に馴染ませていきます。
そのため水を多く使い、クリームも大量に使えば、ポリッシュの様な輝きを施す事も可能ですし、水を使わなければマットな表情にすることもできるため、まさに「アーティスト」の名にふさわしい、様々な風合いを出す事が可能なクリームとなっています。

こだわりぬいて作られているため、容量は35gと靴クリームの中では少量です。

しかし、その分、革の光沢感を自在に調整できるという、他の靴クリームにはないメリットを持っているのです!

コロンブスさんにある秘密を聞きました!

実はクリームの中に含まれているワックスも、色付きのワックスにしているため、鏡面磨きなんかもこのクリームで仕上げられるようになっています。鏡面磨きほどは、自分の顔が映らない程度に光沢を調整できるのはそこにも秘密があるためなんだそうです。

ガラス革に使うとピカピカに!
私が個人的におすすめな使い方が、ガラス革に使うこと!

これは私物のチャーチのシャノンというモデル。私のシャノンには、ポリッシュドバインダーという一種のガラス革が採用されています。
履いて、少し光沢感がないこの状態に、アーティストパレットと水を加えながら、ポリッシュをしていくと…

このとおりツヤツヤピカピカの状態に!

顔も映るほど、綺麗な塗膜をコーティングできました!顔が映るので、接写していません!(笑)

使ってみての感想

メリット

  1. 水を加えながら磨くという新しい靴磨きが楽しめる
  2. このクリームで鏡面磨きもできる
  3. 同じ油性クリームのクレムよりもアルガンオイルが含まれているために、保湿感がある。
  4. 革の輝きを自分で調整できるので靴磨きが楽しい

デメリット

  1. 鏡面磨きが出来ない人だとうまく使いこなせない
  2. 水を使わないとあまりにマットで光沢感が出なくなる
  3. 水を使わなければ同じ油性クリームのクレムよりも光らない
  4. 容量が少ない

ブートブラックシュークリームの評価
5点満点中4点!
まさに靴磨きを楽しむための、嗜好品といったシュークリームです。革の状態を保持するためのクリームではないことを踏まえたうえで、自分なりに工夫しながら、このクリームを使うと、日ごろのシューケアがとても楽しくなります!
アルガンオイルは特に高級なオイルです。このオイルが入っているため、容量は少ないですが、他のクリームで満足できない方は、ぜひ使ってみてください。

なお、このクリームは、この使い方に少々コツがいるため、コロンブス社の人間がいる売り場か、コロンブスの研修を受けた人間がいるお店でしか販売してはいけないため、ネットでは買えないという一品!

希少ですね!

欲しい方は、近くのシューケア用品店か、コロンブス社に問い合わせしてみてください。お値段は2,000円+消費税になります!

コロンブス ブートブラック アーティストパレット HP

http://bootblack.jp/ap/index.html

最後まで読んでいただきありがとうございます。

☆私がおすすめの普通のブートブラックシュークリームはこちらから☆

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする